よくわかる日本の教育費《子供の教育費の平均は?》

参考資料

主に参考とした資料

  1. 文部科学省 平成20年度 子どもの学習費調査(下記以外のすべての金額算出に使用)
  2. 文部科学省 平成21年度 国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について(国立大学の入学金、授業料に使用)
  3. 文部科学省 私立大学等の平成22年度入学者に係る学生納付金等調査結果について(私立大学の入学金、授業料、施設設備費に使用)
  4. 厚生労働省 平成18年 保育所の利用状況(公立保育園、私立認可保育園の保育料に使用)
  5. gooベビー 育児ママのマネー実態調査(私立無認可保育園の保育料に使用)

その他の資料

  1. 日本政策金融公庫 教育費に関する調査結果
  2. 八十二銀行のサイトより、日経メディアマーケティング株式会社の調査
  3. 保育園を考える親の会 保育園の基礎知識

保育園の教育費に関する補足

保育園の教育費算出で使用した、上記「厚生労働省 平成18年 保育所の利用状況」(以下「資料A」)と「gooベビー 育児ママのマネー実態調査」(以下「資料B」)では、保育料の平均は出ていますが、幼稚園の教育費には含まれている学校給食費、学校外活動費に相当する金額が含まれていません。学校外活動費とは習いごとや塾、学習用品などにかかる費用のことで、詳しくは参考資料にも挙げた「文部科学省 平成20年度 子どもの学習費調査」(以下「資料C」)からたどれる「調査の概要(PDFファイル)」の最終ページをご覧ください。

そこで、本サイトの保育園の教育費では以下の計算を行ない、保育園と幼稚園の教育費算出の条件を、便宜的・簡易的にそろえました。

  • 公立保育園の教育費:

    資料Aの保育料+資料Cの公立幼稚園の(学校給食費+学校外活動費)

  • 私立認可保育園の教育費:

    資料Aの保育料+資料Cの公立幼稚園の(学校給食費+学校外活動費)

  • 私立無認可保育園の教育費:

    資料Bの保育料+資料Cの私立幼稚園の(学校給食費+学校外活動費)

私立認可保育園の教育費の足し算をするにあたって、なぜ公立幼稚園の学校給食費と学校外活動費を使用したかというと、私立認可保育園では公立保育園と同じ保育料が適用されており、実態としては公立に近いのではないかと推測したためです。あくまで推測ですのでご了承ください。